(リ)コンディショニングメモ

主にトレーニング、理学療法、リハビリテーションに関することについて。理学療法士が管理しています。

神経科学 運動学習 用語の定義

アンダーマイニング効果とは〜内発的・外発的動機〜

2018/08/22

外発的・内発的な動機

何かの課題に取り組み、成果をあげるためには、その課題に取り組む動機というのは重要だと言えます。やる気はないけど良い仕事が出来るというケースもあると思いますが、何かしらの動機が全くなければそもそも課題に取り組むことはないとも言えます。

動機といっても、何かしらの報酬があるからというのもそうですし、何かしらの罰(例えば怒られる、仕事を失うなど)を避けることも動機になります。ですからポジティブな動機もあれば、そうではない動機もあるということも出来るかも知れません。

「楽しい」「面白い」といった、内発的な動機は、何かの課題に取り組む上で、強力な動機となります。「やらないと怒られる」といった外発的な動機もありますが、後者はどちらかと言えばポジティブな気持ちではないかも知れません。では、「お金がもらえる」といった外発的な動機づけはどうでしょうか。

内発的動機づけが外発的動機づけにより低下する

■Murayamaらの実験

Murayamaら(2010)による実験では、もともと内発的な動機づけがなされていたにも関わらず(実験ではストップウォッチを用いた課題)、成果に応じた金銭による報酬(外発的な動機)を与えることで、その課題を行う内発的な動機が低下したという結果となりました。

【実験プロトコルと行動の結果】

<Fig.1.>

Murayama K et al, 2010より引用

ストップウォッチを5秒で押す課題(SW課題:4.95~5.05秒で成功とする)について、コントロール群には課題のパフォーマンスに関する金銭報酬は伝えず、報酬群にはタスク成功毎に金銭報酬を与えるとしました。

セッション終了後、コントロール群は参加料として金銭を受け取り、報酬群にはパフォーマンスの結果に従って金銭を受け取りました。コントロール群と報酬群ともに金銭は同額としました。

その後、3分間の自由選択時間が設けられました(SW課題、WS課題、いくつかの冊子を読む、その他)。次に、2回目のセッションとしてSWおよびWS課題を行うよう指示され、金銭報酬は発生しない旨を伝えられました。

第2セッション終了後、再び3分間の自由時間が設けられました。1回目および2回目の自由時間ともに、報酬群はコントロール群と比較してSW課題を行う回数が有意に少なかった。

【成功トライアル時の線条体の活動】

<Fig.2.>

Murayama K et al, 2010より引用

失敗したトライアルと比較した成功したトライアルの線条体の活動は、第1セッションでは、コントロール群と報酬群ともに、両側の線条体の活動がみられ、報酬群がより活性化しました。しかし、金銭報酬が発生しないと知らされた第2セッションでは、コントロール群は両側の線条体の活動は第1セッションと殆ど変わらなかったものの、報酬群には活動が劇的に減少しました。

■アンダーマイニング効果とは

線条体は報酬に関連した脳領域のひとつです。内発的な動機によって取り組んでいることに対して、成果に応じた金銭的な報酬を与えることで、相乗効果が期待出来そうだという予想もあると思いますが、そうではなく、内発的な動機の低下に繋がったと考えられます。

このように、内発的な動機が、外発的な動機づけによって低下する現象を、「アンダーマイニング効果」と呼ばれます。

まとめ

この実験の結果は、「外発的な動機づけはダメだ」ということを示しているわけではありません。しかし、内発的な動機によって取り組んでいることに対して、外発的な動機づけを行おうとすることで、内発的な動機の低下を引き起こす可能性があるとは言えそうです。

「もともとの趣味を仕事にすると楽しめなくなる」という言葉を聞くことがありますが、こういったことを感覚的に理解出来ているのかも知れません。

内発的な動機によって運動やトレーニングに取り組んでいる人に対して、例えばフィットネスクラブのイベントで外発的な動機づけを図ろうとすることは逆効果になるかも知れません。

既に内発的な動機づけがなされている場合は、外発的な動機づけは逆効果になり得ることを考慮する、反対に内発的な動機づけがなされていない場合は、外発的な動機づけによって運動やトレーニングに取り組んでもらう、そういった中で、楽しさ、面白さ、何かしらのポジティブな成功体験といったことが、内発的な動機づけになっていくといったプロセスも考えられると思います。

「楽しい」「面白い」といった報酬、「目標を達成したい」という未来志向的な報酬、そういった内発的な動機づけにどのように導いていくかという視点は必要だと思います。

【参考文献】

・Deci EL et al:A meta-analytic review of experiments examining the effects of extrinsic rewards on intrinsic motivation. Psychol Bull 125:627-668, 1999.

・Murayama K et al:Neural basis of the undermining effect of monetary reward on intrinsic motivation. Proc Natl Acad Sci USA 107:20911-20916, 2010.

-神経科学, 運動学習, 用語の定義
-, ,