(リ)コンディショニングメモ

主にトレーニング、理学療法、リハビリテーションに関することについて。理学療法士が管理しています。

トレーニング 指導関連 考え方

「筋力だけではダメ」という話

2018/08/25

筋力だけ向上させてもダメ?

そもそも「だけ」とは言ってない?

レジスタンストレーニングに励む人に対して、「筋力だけではダメだ」という批判があります。特にメディアで取り上げられる場合においては、その対象がアスリートであったりします。

確かにレジスタンストレーニングは筋力やパワーといった体力要素を、効率的、効果的に向上させる手段ですが、そもそも「筋力を向上させればOK」と考えているわけではないと思います。殆どの場合においては。

そもそも、筋力「だけ」と、わざわざ限定した論法で批判するのはおかしな話で、そんなことを言っていたら、何でもそのような批判が出来るわけです。プロテインを摂取していたら、「プロテインだけではダメ」というのと変わらないと思います。

「筋トレ」のイメージ

レジスタンストレーニング、いわゆる「筋トレ」という言葉のイメージが、「ムキムキ」→「動き辛い」→「使えない筋肉」と想起し、レジスタンストレーニングに取り組むことを批判する人がいるように思います。

筋肥大が動き辛さを生むという発想は短絡的ですし、筋力やパワーの向上には筋肥大が必須というわけでもありません。ですから、「筋トレ」→…→「使えない筋肉」という連想は強引だと言えます。

「筋トレ」 VS 「身体の使い方」?

一方で、何故か「筋トレ」と対比して使われる「身体の使い方」「身体操作」といった言葉があります。レジスタンストレーニングにおける「身体の使い方」「身体操作」という視点もありますが、「筋トレ」と対照的なものとして扱う人もいます。

現状の能力を活かす

筋力やパワーを向上させずとも、動き方を変えることで、運動のパフォーマンスは上がることはよくあります。ピッチングフォームを変えたらスピードが上がった、バッティングフォームを変えたら飛距離が伸びたといったことがその例です。

ただそれは、「動き方に関して改善の余地があった」からで、現状の体力レベルの範囲で出来る運動のパフォーマンス向上ということになります。

現状の体力レベルの範囲でより高いパフォーマンスを発揮するというケースにおいては、それはそれで必要なことだと思います。それを根拠に「だから筋トレは必要ない」という主張をする人もいるのかも知れません。

現状の能力を引き上げる

「体力レベルの底上げが出来れば、さらにパフォーマンスは上がるだろう」という発想も当然あります。そういう観点でレジスタンストレーニングを推奨することもあると思います。

例えば、垂直跳びはスクワットを導入することで、記録は伸びるだろうということです。垂直跳び自体の動作に改善の余地があれば、動作を変えることで記録は伸びるかも知れませんし、スクワットによってさらに記録は伸びるかも知れないということです。

傷害予防の観点から

傷害予防の観点で言えば、レジスタンストレーニングの有効性は示されていますから、それも推奨する理由として挙げられます。

ただ、傷害予防ということになると、「身体の使い方」も重要な要素ですし、もう少し広く考えればコンディショニングの話になります。ですから、「傷害予防=レジスタンストレーニング」というのも極端だと言えます。もちろんレジスタンストレーニングを実施することがよりベター、もしくは必要なケースもあると思います。

最後に

色々書きましたが、スポーツや基本動作のパフォーマンスを構成する要素は様々ですし、ケースによって優先順位やそれぞれの重みづけは変わってくると思います。

スポーツにしろ、基本動作にしろ、それらのパフォーマンスを考えると、筋力やパワーはそれらの構成要素の一部に過ぎないわけですから、レジスタンストレーニングを行うことが、直接的な効果として現れることはそう多くはないと思います(※レジスタンストレーニングが筋力やパワーのみに関与するわけではありませんが)。

ですから、「筋力だけではダメだ」という指摘はその通りなのですが、誰もそんなことは言ってないかも知れません。これは「◯◯だけではダメだ」という論法は全て当てはまるとも言えます。当然、「身体の使い方だけではダメだ」も同じことです。

-トレーニング, 指導関連, 考え方
-, , , , ,