(リ)コンディショニングメモ

主にトレーニング、理学療法、リハビリテーションに関することについて。理学療法士が管理しています。

考え方

ストレングスコーチ(S&Cコーチ)と理学療法士の視点は違う?

2018/08/25

はじめに

先日、ストレングスコーチ(S&Cコーチ)と理学療法士の視点について違いがあるのかという話になりました。色々お話を伺う中で、確かに傾向としてはあるのかも知れないと感じました。

ただし、全ての理学療法士が同じ視点ということはあり得ませんし、良い悪いの話ではなく理学療法士といっても多様性に富んでいるので、「理学療法士の思考はこうです」というつもりはありませんし、そう考えているわけではありません。

理学療法士の視点?

ただひとつ例を挙げるとすれば、「マイナスに目を向ける」ということがあるかも知れません。今は予防といった領域で活動する理学療法士も増えているようですが、「主に」は何かしらの身体機能・構造がいわゆる標準から逸脱している人を対象とした内容の教育を受けています。

もちろん、解剖学、生理学、運動学といった基礎を学んでいますから、いわゆる健常者を対象に出来ないということではありませんが、学生の実習先は医療や介護の領域が殆どですから、学校教育の中ではやはりそれらの領域で働くことを想定した内容と言えると思います(学校によって特色はあると思います)。

学生の臨床実習においても、対象者の問題点を挙げますから(必要なことですが)、ネガティブな要素に目を向けるということは、当たり前のようにされていることと言えます。

例えば、患者さんの筋力や関節可動域を測定して、標準とされる基準と比較して低下しているとします。それが、実用的な基本動作にネガティブな影響を与えているのであれば、それを改善させる優先順位は高くなると言えます(もちろんケースによります)。

しかしながら、「標準と比較して低下しているから、改善しないといけない」という思考になるとすれば、例え改善が図れたとしても、それ以上でも以下でもない、つまりそれ以外は特に変わらないという結果になるかも知れません。

便宜的な表現ですが、「ある要素におけるマイナスを見つけてプラスに近づける」という思考に捕らわれると、それが成されたとしても全体としては特に変わらないということになるかも知れません。もしかしたら、バランスが崩れて、望ましくないことが起こるかも知れません。

ポジティブな部分に目を向ける

先日参加した、認知神経リハビリテーションのコースで、「ポジティブな部分に目を向けることが苦手な人もいる」とある先生が仰っていましたが、確かにそういう傾向はあると思います。

「歩くには杖が必要」なのと、「杖があれば歩ける」では視点が違います。どちらの視点が必要かというより、両方必要だと個人的は考えています。

パラリンピックの父とも言われる、グッドマン博士の「失ったものを数えるな。残されたものを最大限に生かせ」という言葉にもあるように、何に目を向けるかで、発想も出来ることも違ってくるように思います。

「マイナスに目を向ける」こと自体は、必要なことも多くあると思いますが、ある要素のマイナスに捕らわれてそれをプラスにしないことには、何も出来ない、何も始まらないという思考になるとすれば、本当はもっと出来ることがあるのに、観えなくなることもあると思います。

マイナスに捕らわれるというだけでなく、例えば体幹とかコアとかといった部分的なものに捕らわれて、評価もなしに、「まずは体幹が強くなければダメだ」と言って、本当はもっと出来ることがあるのに、部分的なアプローチに時間と労力を費やすといったことも同じだと思います。

最後に

今回の内容は、「これが理学療法士の思考だ」という話ではありません。言うまでもなく世の中には優秀な理学療法士はたくさんいます。あくまでも個人的に感じる傾向や、そこから話を展開したに過ぎません。

「理学療法士だから」というよりも、自分自身の中で、いつの間にか当たり前になって違和感がなくなることも、同職種や他職種の方と話をすることで、気づくこともあります。同じ職業だからと一括りに出来るものではないと思います。

お互いがどのような観点を持っているか、どのように考えているかということは、話をする中で少しずつわかってくることもありますし、よりベターな方法を見出せるかも知れません。ですから、チームとして連携するのであれば、話し合う機会は不可欠だと思います。

-考え方