(リ)コンディショニングメモ

主にトレーニング、理学療法、リハビリテーションに関することについて。理学療法士が管理しています。

考え方

徒手療法は依存を生むのか?

2018/08/25

徒手療法の是非?

よりベターなら使えば良い

徒手療法に関して肯定的な意見と、否定的な意見があるようです。個人的な意見を先に述べると、用いることが用いないよりも、よりベターであると判断すれば、用いれば良いと考えています。結局はケースバイケースだと考えている人も多いのかも知れません。

もちろん、それを適切に行うことが出来る技術であったり、用いることが適切かどうかを判断するための知識が必要になると思います。

徒手療法による事故の問題

資格を含めた立場の問題もありますし、また、もし仮に事故が起こった時の対処や対応も重要になります。

事故に関しては、運動療法であったり、動作練習であっても十分起こり得るわけですが、例えばパーソナルトレーナーの賠償責任保険で徒手療法が適応になっていない場合もあります(パートナーストレッチのみ適応というのもありました)。

実際にパーソナルトレーナーがクライアントさんを骨折させてしまったという事例もあります。詳細を書くのは適切ではありませんので割愛しますが、当然のことながらリスクが存在します。繰り返しますが、運動療法でも動作練習でも当然リスクはあります。

ゴッドハンド、痛みに対する徒手療法

徒手療法に批判的な意見を見聞きする中で、その原因がいくつかあるように感じます。例えば、「ゴッドハンド」といったように、何でも徒手療法で良くなるかのような振る舞いです。

「痛みには徒手療法」という思考を持った人もいますが、例えば慢性痛だと仮にその時は改善したように見えても、結局は変わらないということが殆どだと思います。しかし、何故か「痛みには徒手療法」というイメージを持っている人もいるように感じます。

徒手療法ありき?

徒手療法以外のアプローチや、他の徒手療法に対して無意味と否定するといった、視野の狭い排他的な考え方が存在するのも、徒手療法に批判的になる原因かも知れません。その他、「徒手療法ありき」という思考や、その徒手療法の理屈がわからないというのもあると思います。

徒手療法と言っても、実に様々なものが存在しますし、パッシブなストレッチもそれに含まれますから、そもそも「徒手療法」と一括りにするのも、少し雑なのかも知れませんが。

徒手療法は依存を生む?

「徒手療法=受動的」とは言えないと個人的には考えていますが、ベッドで寝てもらって、「ただ身体を委ねていれば良くなりますよ」というスタイルであれば受動的と言えます。

その受動的が依存的になるとすれば、極端な話だと、「この技術による身体のメンテナンスが必要不可欠です」といった吹込みであったり、明日退院なのに最後まで徒手療法を行っていると、「ギリギリまで必要なのに、明日からは要らないの?」といった疑問や不安から生じるかも知れません。

徒手療法に肯定的な理由?

徒手療法に肯定的な人は、その徒手療法によって明らかに何かが変わるという経験をしているというのもあると思います。また、特定の徒手療法の技術レベルが凄い人を知っていて、そのイメージが強いというのもあるかも知れません。

その他は、他の人がしていないことをしているという、ある種の優越感が生じることもあるかも知れません。何をするかより、どういう結果を出すかという話だと思いますが、何かにのめり込むと、気づかない内にそうなる可能性はあるように思います。

最後に

徒手療法に限らずですが、介入方法から考えると、特定のアプローチを行うことが前提になるので、対象者を特定のアプローチの枠に当てはめて観るようになるかも知れません。そうなると、上手くいかないと思いますし、上手くいっても偶然と言えると思います。

結局は目的に対して、対象者にとってよりベターな方法を選択するということで、「〇〇ありき」でも、「〇〇だけで十分」でもないと考えています。

最後に付け加えるとすれば、徒手療法に限らずですが、即時効果または残存効果を、効果的なアプローチだと考えるのは短絡的だと思います。如何にしてより望ましい状態にするか、それを如何にして学習していくかという視点は重要だと考えています。

【参考記事】

-考え方